低用量ピルは副作用が怖いというイメージを持っている人もいるでしょう。
この薬は避妊薬として使用されることが多いですが、女性特有のさまざまな症状を緩和する効果が期待できます。
妊娠すると体内にはエストロゲンとプロゲステロンが多くなるため、脳の下垂体からホルモンが分泌されなくなります。
低用量ピルにもエストロゲンとプロゲステロンが含まれており、服用している時は妊娠にとても近い体の状態となります。
そのため妊娠している時と同じような症状が発生するということです。

低用量ピルの副作用はいろいとありますが、吐き気や頭痛、むくみ、乳房の張りなどといった症状が発生しやすいと言われています。
これらは服用を始めたばかりの頃に発生しやすい症状であり、特に大きな問題などはありません。
放置しておいてもそのうち治まるため、治療の必要もないとされています。

低用量ピルは飲み始めの時期に副作用が発生しやすいという特徴があります。
そのため飲み続けることに不安を感じる人も多いですが、飲み続けているうちに気にならなくなることがほとんどです。
一部の場合を除けば、血栓症や心筋梗塞などの深刻な症状が発生することはありませんし、安心して服用することができるでしょう。

肥満の人や喫煙者などは血栓症のリスクが高まるため、低用量ピルを服用できないことがあります。
このような人が安全に避妊効果を得たいという場合、ルナベルという低用量ピルを選ぶと良いでしょう。
ルナベルは安全性が高いとされる低用量ピルの中でも特に血栓症のリスクが低いと言われています。

低用量ピルを飲んだら太ったという声を聞いたことのある人もいるでしょう。
しかし、低用量ピルの服用と体重増加との間に因果関係はありませんし、あまり心配しなくても良いとされています。
低用量ピルによって体調や体質が改善されたことにより、食欲が増して結果として太ってしまうことはあるかもしれません。
その場合は適度な食事と運動で体重をコントロールしましょう。

嬉しい効果が現れる反面危険な兆候も表面化することも

あまり大きな副作用がない低用量ピルのルナベルとは言え、全く副作用がないとは言い切れません。
避妊できたり生理痛やPMSが改善するなどの嬉しい効果が期待できますが、もしかしたら危険な兆候が出てくるかもしれません。

低用量ピルはホルモンバランスを整える効果があります。
女性ホルモンが入っていますが少量なので、毎日服用すれば徐々にホルモンバランスが整います。
しかし、まだ体が慣れていない時期は頭痛や吐き気が出たり、乳房の張りが出るかもしれません。

元々低用量ピルは血栓ができやすい薬なので血栓症を引き起こす可能性もあります。
血栓症の人や血栓ができやすい40代以上が服用できないのはこのためです。
また、喫煙者も血栓ができやすいので服用を控えなくてはなりません。
しかも、喫煙すると血管が収縮するので血管が詰まりやすくなります。
最悪な場合は心筋梗塞になることも考えられます。

中にはルナベルを服用してから太ったと感じている女性もいます。
女性にとって肥満は大きな問題です。
女性ホルモンの薬のために太りやすくなることは仕方がないでしょう。
むくんだことで太ったように見えることもあります。
気になるようであれば、医師に相談してみてください。

辛い生理痛や生理不順、PMSや避妊などが目的で低用量ピルは多くの女性を救っていますが、副作用が起こった女性もいます。
かなり稀なケースですが、絶対に副作用が出ないとは言い切れません。
特に服用を始めたころは副作用が出やすい時期なので気を付けてください。

正しく服用することも忘れないようにしなくてはなりません。
低用量ピルは一か月に3~4週間程度服用します。
誤った服用をすればより副作用のリスクが高くなるので要注意です。