低用量ピルとアフターピルは同じように避妊を目的とした薬ですが、服用方法などが全く異なるため、それぞれについてきちんと理解しておく必要があります。
低用量ピルは、性行為を行う前に定期的に服用することで避妊効果を得ることができる薬です。
一方、アフターピルは性行為を行った後に緊急避妊薬として服用するものです。低用量ピルとは違い常用するものではありません。

アフターピルは性行為の際にコンドームが破れて膣内に精液が漏れ出してしまうなど、避妊に失敗してしまった場合に緊急で服用します。
また、強姦など強制的に膣内に射精されてしまったような場合に妊娠を回避することを目的として緊急で服用するものです。
低用量ピルは性行為の前に毎日服用していなければ避妊効果を得ることはできませんが、アフターピルは性行為後に服用することによって避妊効果を得ることができる薬です。

アフターピルとして販売されている代表的なものとしてはノルレボやアイピルがあります。
ノルレボやアイピルに含まれている黄体ホルモンはレボノルゲストレルです。
黄体ホルモンであるレボノルゲストレルが身体に作用することによって、排卵が起こらなくなります。
また、精子が子宮に侵入しにくくなるように子宮頚管粘液の粘度を高くする効果もあり、受精卵が着床しないように子宮内膜を厚くしない効果もあります。
これらの効果が総合的に作用することで望まない妊娠を防ぐことができます。

アフターピルと同様に、低用量ピルもこのようなメカニズムを起こすことによって避妊を可能としますが、アフターピルには低用量ピルよりも多い量の女性ホルモンが含まれています。
アフターピルに含まれる多量の女性ホルモンが血中のホルモン量を急激に変化させることによって避妊を可能としています。
血中のホルモン量を急激に変化させることから、低用量ピルと比較して副作用もあらわれやすいことから、アフターピルを服用する際には注意が必要です。

アフターピルの服用方法について

アフターピルを服用する時の前提として、強姦をうけた、コンドームが破れたなど、避妊することに失敗してから72時間以内な服用することが挙げられます。
そして、アフターピルは、72時間以内であることは当然ですが、より早く服用するということが避妊率を高めることにつながります。
低用量ピルでは、72時間以内などが決まっておらず、毎日決まった時間に服用することで高い避難効果が期待できます。
アフターピルの服用方法は2種類あり、それぞれヤッペ法とLNG法と呼ばれています。

まずヤッペ法について説明します。ヤッペ法とは、プラバノール錠と呼ばれるピルを使った緊急避妊法です。
この方法は、72時間以内に2錠服用して12時間後さらに2錠飲むという方法です。この方法でのメリットは、薬の値段が安いという点です。
デメリットは2回服用しないといけないので忘れてしま可能性があるという点です。
2回目の服用を忘れると避妊率がほとんどなくなってしまいます。

次にLNG法についてです。この方法は、レボノルゲストレルという成分が含まれたピルを使う緊急避妊法です。
この方法はヤッペ法と違い1回服用すれば済みます。ノルレボ錠やアイピルなどの緊急避妊薬の服用方法がLNG法です。
LNG法はヤッペ法よりも副作用が少ない場合が多く、一回で済むという点から2回目の服用を忘れてしまうということがないため避妊率が高いと思われます。
しかし、ヤッペ法よりも薬の値段が高いというデメリットもあります。

アフターピルの服用での一番大事なことはやはりより早く迅速に服用するということです。
早ければ早いほど避妊率が高まるということは、遅ければ遅いほど妊娠してしまう可能性が高まるということです。落ち着いて対応するようにしましょう。