低用量ピルの効果は避妊だけではなく、女性特有のさまざまなトラブルを改善できると言われています。
まずは低用量ピルを服用することにより、生理不順を改善するという効果が期待できます。
低用量ピルには生理周期を整えるという作用があるため、毎月同じ時期に生理が来るようになるでしょう。
また、生理周期を調整することで生理をずらすということもできます。
旅行や出張などの予定がある場合、低用量ピルを利用して生理の予定日をずらすと便利です。

PMSや生理痛で悩んでいる人にも低用量ピルはおすすめです。
PMSや生理痛の原因はいろいろありますが、子宮内膜が厚くなってしまうことが原因の一つと考えられています。
子宮内膜が厚くなってしまうと剥がれ落ちる時に痛みが発生しやすくなるということです。
低用量ピルには子宮内膜を厚くしないという作用があるため、PMSや生理痛を和らげることができますし、出血量を減らすこともできます。
そのため月経過多や月経困難症を改善する効果もあるとされています。

女性は子宮と卵巣を持っているため、卵巣がんや子宮体がんなど女性特有の病気にかかるリスクがあります。
このような病気を防ぎたい場合も低用量ピルを服用すると良いでしょう。
卵巣がんは排卵によって卵巣が傷つくことが原因の一つと考えられており、排卵を抑制することで卵巣へのダメージを軽減できるということです。
また、子宮がんは女性ホルモンのバランスが乱れることが原因とされています。
そのため低用量ピルでホルモンバランスを整えることにより、発症を予防することに繋がるでしょう。

低用量ピルにはホルモンバランスを整えるという効果もあるため、ニキビや肌荒れの予防にも役立ちます。
ニキビや肌荒れはさまざまな原因で発生しますが、ホルモンバランスの乱れも大きな原因とされています。
特に生理前はホルモンバランスが乱れやすくなりますし、ニキビができやすくなるという人も多いでしょう。
低用量ピルを服用すれば肌の状態を改善することもできますし、美肌をキープしたいという人にもおすすめの薬となっています。

低用量ピルとニキビ・肌荒れの関係

低用量ピルには避妊以外にも生理痛や生理不順、月経困難症・PMSなどに効果が期待できます。
これらは、低用量ピルを服用しているとホルモンバランスをコントロールできるからです。
だから、服用している間は生理が定期的に来るようになります。
日本人には少ない卵巣がんも卵巣へのホルモンの分泌を抑えられるので効果が期待できます。

大人になってニキビができた人にとっても良い薬です。
ホルモンバランスが乱れることで大人ニキビになったり、肌荒れが起こりやすくなります。
ニキビや肌荒れの原因の一つがプロゲステロンという男性ホルモンだからです。
プロゲステロンが増えると皮脂の分泌が増えるので、皮脂が毛穴に詰まってニキビや肌荒れを起こしやすくなります。

低用量ピルを服用してホルモンバランスが整えば、プロゲステロンが減るために皮脂の分泌が抑えられるので、ニキビや肌荒れを起こしにくくなります。
ただし、あくまでもホルモンバランスが乱れている人でないと効果が期待できません。
乾燥肌や油っこい食事を好む人がニキビや肌荒れを起こしている場合は低用量ピルを服用してもホルモンバランスが乱れていることが原因ではないために治らないこともあります。

ホルモンバランスの乱れが関係している人の場合、低用量ピルの服用をやめてしまうと再発する可能性がとても高いです。
服用をやめた途端にホルモンバランスが乱れる恐れがあるためです。

良い薬とは言え、ずっと頼り続けるのではなく自分で改善することも重要です。
栄養バランスの整った食事に変えたり、女性ホルモンに似ているイソフラボンが入っている大豆製品を多く食べるようにしたり、適度な運動をして低用量ピルに頼らなくても良いようにしましょう。